長期間の作品制作の時ほど、心が乱れている時に作品制作は行わない方がよいだろう。

朝に起きて心も体も真っ白な状態で作品には向き合った方が良い。

余計なことを考えたり、作ること自体が「作業」のようになるのは赤信号。

そんな時は散歩をしたり、映画をみたり、別のことをして心をリセットすることが必要。

作品にもそのような精神状態の時の乱れが影響を与えてしまう。

と思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です